戻る

秋 桜 (藤原京跡)

ふじわらきょうせき【藤原京跡】
奈良県橿原市にある藤原京の中心街路跡など。指定名称は「藤原京跡 朱雀大路跡(すざくおおじあと) 左京七条一・二坊跡(さきょうしちじょういちにぼうあと) 右京七条一坊跡(うきょうしちじょういちぼうあと)」。藤原京は694年(持統天皇8)から710年(和銅3)に平城京に遷るまでの16年間の都であり、大極殿・朝堂院の跡を中心とする地域が藤原宮跡として、1952年(昭和27)に国の特別史跡に指定されている。藤原宮の南正門、すなわち平城宮、平安宮の朱雀門にあたる門については、その後の再確認調査などの結果、戦前に発掘された「朝集殿院南門」が藤原宮朱雀門に比定しうるまでにいたったが、この推定朱雀門から南に延びる朱雀大路については、1976年(昭和51)の発掘調査によって、幅4m、深さ0.4mの南北大溝2条が検出され、溝中から藤原宮跡と同時期の遺物が出土することもあって、幅21mの大路だったことが判明。幅21mという規模は、平城京の朱雀大路にくらべればはるかに狭いが、藤原京朱雀大路の存在が確認されたことは、藤原京が中国の都城制に倣って計画されたことを考古学的に立証する有力な資料となり、藤原京の全体像を解明するうえで重要であることから、1978年(昭和53)に国の史跡に指定された。その後の発掘調査で京跡の細部が解明され、藤原宮の南西に位置し、貴族の邸宅や官衙(かんが)が立地していた左京と右京の坊跡の一角が、2011年(平成23)に追加指定され、朱雀大路跡とあわせて名称変更された。近畿日本鉄道橿原線畝傍御陵前駅から徒歩約20分。
 
 
コスモス01 (藤原京跡にて) コスモス02 (藤原京跡にて) コスモス03 (藤原京跡にて) コスモス04 (藤原京跡にて) コスモス05 (藤原京跡にて) コスモス06 (藤原京跡にて)
コスモス07 (藤原京跡にて) コスモス08 (藤原京跡にて) コスモス09 (藤原京跡にて) コスモス10 (藤原京跡にて) コスモス11 (藤原京跡にて)
戻る

Updated: 2014/10/28