戻る

橿原神宮境内の紅葉

橿原神宮(かしはらじんぐう)
[ 日本大百科全書(小学館) ]
奈良県橿原市久米(くめ)町に鎮座。神武(じんむ)天皇、媛蹈鞴五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)皇后を祀(まつ)る。社地は神武天皇の皇居橿原宮跡。1888年(明治21)畝傍山(うねびやま)の南東の宮跡の考証がなされ、翌年5月に民間より神社創建の請願が政府に出され許可となり、明治天皇は旧京都御所の賢所(かしこどころ)、神嘉殿(しんかでん)を献進、翌1890年に社殿造営なって4月2日に鎮座、官幣大社とされた。神武天皇は日向(ひゅうが)三代の後を受けて大和(やまと)(奈良県)に入り、三輪山(みわやま)に坐(ま)す大物主神(おおものぬしのかみ)の娘媛蹈鞴五十鈴媛命を妃(きさき)として、当地で即位したと伝えられる。本殿は1855年(安政2)建造の旧京都御所賢所で、同時に献進の神嘉殿は現在神楽殿(かぐらでん)として使用される。境内は1940年(昭和15)の皇紀2600年記念事業として国民の勤労奉仕で拡張整備され、約54万平方メートルに及ぶ。例祭2月11日。ほかに4月3日の春季大祭は神武天皇祭で、一般に「神武さん」とよばれて各種の神賑(かんにぎわい)行事が行われる。秋季大祭は10月3日。
[ 執筆者:鎌田純一 ]
 
 
橿原神宮紅葉 01 橿原神宮紅葉 02 橿原神宮紅葉 03 橿原神宮紅葉 04 橿原神宮紅葉 05 橿原神宮紅葉 06
橿原神宮紅葉 07 橿原神宮紅葉 08 橿原神宮紅葉 09 橿原神宮紅葉 10 橿原神宮紅葉 11 橿原神宮紅葉 12
橿原神宮紅葉 13 橿原神宮紅葉 14 橿原神宮紅葉 15 橿原神宮紅葉 16 橿原神宮紅葉 17 橿原神宮紅葉 18
戻る

Updated: 2013/11/28